スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あいうえお辞典 「り」
今日は「り」。

「り」立体(形)

美術のことはよくわからないけれど、

絵を見たいと思うときと、立体(形)に触れたいと思うときの

心の様子はどうも違うみたい

平面的な絵を見る時の心は少しいじわるで

「この絵は何を語りかけているのか」と恐れ多くも知りたくなる

だけど立体(形)をみる時の心が求めるものはそれとは違う

安らぎを欲する 

今まさに空間の一部を占めるその立体の存在をただ感じたい、受け入れたい

もしくは受け入れて下さいとお願いしている

仏像をただ見つめるかのように

人も立体


立体の私達はつねに触れ合い

いつも自分のサイズに合うものを探している

美術においてもいつもそう

無意識に自分の心の安らぐ先を探している




~解説~
15年くらい前に岡本太郎の作品を見て心がうごかされました。
絵画に見られる社会をえぐるような激しさと
彫像物に見られる人をほっこりと包むような優しさのギャップに動かされたのです。
本当にこの人は優しい人なんだなと思いました。
そしてその時、立体の行き経つところ、肉体なのかなぁと思いました。




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

スポンサーサイト
あいうえお辞典 「ら」
今日は「ら」。

子守唄。世界中の子供たちのベッドで歌ってほしい。
この歌にはばっちりメロディがあります~♪♪
NHKの「みんなのうた」に流れたい・・・私の夢


「ら」 ララバイ~花とみつばち~


夕べの星  朝(あした)に消え

夢とともに 夜までサヨナラ


朝のひかり すべて照らす

花のかげも 海の底も


また会えたね また会えるよ

夜露にそおっと くちづけする


きのうのこと あしたのこと

すべてをあなたと 話すために




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「よ」
今日は「よ」。


「よ」よかん

先生が言われた。

予感を確認していく作業について。

例えばこういうこと、

ふとした出来事から「生かされているなぁ」とか「守られているなぁ」という気がしたり、

本を読んでいたら「与えられた命なのだなぁ」と思える気持ちになったり、

そういう時、予感がするのです。

神様が側にいらっしゃる予感が。

人生には面倒なことがいっぱいあるけれど、

その予感に歓喜し、その予感を確かめながら、生きていく。

そしていろんなことが起る度に、私の心がどんな気持ちになるか。

それが人生の極意だと。

予感を信じなさい。




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

真綿の月
ここ数日の月は雪とまじっていい感じ・・・



「真綿の月」


今夜の月は真綿のようだった

激しく降る雪の向こうに

本当に真綿のように

浮世ばなれの月は

うつろな夜を長くする

ああ、私は雪の中

小さくはいた息で

あなたを磨いてさしあげたい






いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「ゆ」
今日は「ゆ」。



「ゆ」夢

お願いだから・・・

夢の中に溶けていた甘酸っぱい気持ちが

もうないなんて言わないで

まだ20代じゃない

なんでやめちゃうの

なんで夢を見るのをやめちゃうのよ

大人になると夢の見方が変わるのよ

夢の中にとけている甘い気持ちが変わっていくの

どう変わるかはあなたしだい

でも本当に素晴らしく変わっていくの

甘酸っぱさが、ビターチョコレートになり

それに合う格別のワインを見つけ

がつけば、そのワインを楽しむ仲間がいる

私の夢はこんな感じ

時間はちょっとかかるけど楽しいわよ

もし良かったらあなたも今夜一緒にワインを飲んで帰んなさいよ

夢って味わうものなのよ




~マキのぼやき~

私にはこうなりたいと思い描く自分の姿があります。
その自分の未来の姿に近づくための重い扉はなんとか開けることができたと思います。
若い頃はその扉を開けることが夢だったんですが、
本当に大変なのは開けてしまったその扉の向こうに続く、ただただ続く、まっすぐの道を
進んでいくことなのだなあと、身にしみて思います。
その道はしんどいです。でもそのしんどい道からもう外れることが出来ないのです。
ふんばり続けるのです。孤独とともに。
でも、そのしんどさを分かち合える友達が出来たというのも、扉を開けてからのことなのです。




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「や」
今日は「や」。
山が好きです。
山へ行くと自分のちっぽけさ、無力さを改めて思い、謙虚になれます。


「や」やま

山は夕べの雨の雫をおいしそうに飲みながら

朝、私達を迎えてくれた

雫をすった山の空気は私をしっとりした層の中に静かに導いてくれた

地面が生命力で溢れている

木が生命力で溢れている

私の目に命が飛び込んでくる

ここは山の中

私達は入ることを許された



良かったら「うみ」もお読みくださいな!




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

命日
今日は祖母の命日でした。
嵐山にあるお墓へ行って帰ってくると・・・


「命日」

こんな寒空の中

どこからかきたのか

一匹の蛾が私の部屋を飛んでいて

すぐ近くに止まった

真っ白な蚕の色をして

真珠の輝きをして

「どの世からいらっしゃいましたか」とつい聞いてしまった

私はあらためて蛾をまじまじと見る

今日は祖母の命日でございますので

今日は祖母の命日でございますので

そのことで舞いられたのでありまする

その色に見覚えがありました

祖母の眠る真っ白い布団の輝きと同じ輝きの蛾でありました





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

泡の粒
最近チックコリアのピアノソロばかり聴いています。


「泡の粒」


チックコリアのピアノの音は

海の中であなたと

抱き合って ふざけあって

できた泡の粒

海の天辺へ

あがれないまま割れてゆく

その瞬間の音のよう


そして今日はその中の一粒が

運よくあこや貝のなかに入っていったの

だから私は待ってるの

ひとつぶの泡が核に触れて

割れる瞬間を待ってるの

そんな音が今日は聴こえるのよ





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「も」
今日は「も」。


「も」持たない

出来るだけモノを持ちたくないとおもう。

身軽でいたい。

なぜか。

私は引越しが多い。


子供のころの引越しはいつも悲しかった。

お金がなくなっては家を売り、

だんだんと町から離れた家に移っていくというパターンを繰り返し、

「またか」と慣れてはいたものの、現実では荷物の多さに失望したまま、

見えない終わりを受け入れていた。

モノに絶対性、永続性はありえないと子供のころに漠然とつかんだ。

絶対になくなるはずのないと思っていた家だって、

すぐに解体はじめれば1日で更地になるのだ。

それだけのこと。


だから出来るだけ少ない方がいい。

そして、それをどこに持とうかと考えた時に、

自分自身の中にしまえるモノを集めていこうと思った。

だから私は持たないけれど持てないものを持つのです。




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「め」
今日は「め」。
歌を歌っていて、胸がキュンとするプレゼントをもらうことがあります。
その瞬間に大げさだけど、人生のなぞなぞがひとつ解けたような気持ちになるのです!




「め」メルヘン

流れ星にのって一つのメルヘンがやってきた。

そのおじさんは母の実家近くに住んでいた。

母の実家は古くから商売をやっているので、

私はおじさんに「あの店は母の実家なのだ」と伝えたら、

「○○ちゃんの娘さんかぁ」と言って大変喜んでくれた。

おじさんは洋楽が好きみたいだった。

私が歌を歌うことを知ったおじさんは私のライブに一度来てくれた。

「○○ちゃんの娘さんがこんな風に歌うのかぁ」と、その意外性をおじさんは

たまらない思いをもって聴いてくれているようだった。

そして数日後、メールをくれた。


「50歳を過ぎて恋愛って奥さん意外の人とするものだと思っていました。

でもあなたの歌を聞いて恋は妻とするものなのだとわかりました。

もう一度、妻に恋してみようと思います。」


これはメルヘン。

おじさんの言葉は美しかった。

歩き出したおじさんの思いを音楽が祝福する。


おじさんに魔法がかかった。





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「む」
今日は「む」。
私のあこがれ~


「む」無

追い求めて 追い求めて、

一途に 一途に

そして出口を見つけ扉を開けたが

そこには何もなかった

私は何をして何を見て何を語ってきたのだろうと肩をおとす

本当のところ 私はそのつもりでいただけなのだ

しているつもり 見ているつもり 語っているつもり

何も見えてなかった

何もわかっていなかった


でもね 

そっと後ろを見てごらん

あなたの歩いてきた道はそこにちゃんとありますよ

あなた以外の人にだけ見えているあなたの背中がありますよ

それに気づくとき本当に見えるのですよ

たくさんの人の暖かい目を





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「み」
今日は「み」。
本来「道」と「未知」は同じ意味だったのだろうと思う。


「み」みち

どこに続くのか、この道は。

誰も知らない。

道に終わりがあるならば、その果てがあなたであって欲しい。


                         ある外国の歌より



もしも人間を2種類に分けるとしたら。

男と女。

子供と大人。

得る者と失う者。

無数の分け方があるけれど、この歌は

「旅人」と「ひとつの場所に留まる人」という分け方をした。

私はこの分け方が好きだ。

なぜなら両者はひとつの「道」によりつながっているから。

道には必ず果てがあるという大前提と、

その道は誰かによって歩かれるという大前提が 不安から救ってくれる。

果てがあるという喜びと

ひとつの場所に留まる勇気。

「ここ」という場所と「ここへ続く道」はまだまだ不透明だ。

でもその「果て(限界)」があるという喜びで歩いていけるような気がする。





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「ま」
今日は「ま」。
「日本語が本当に好きだぁ~」と思うのは、
こういう言葉に出会って意味を知って、私の生活が潤っていく時。
季節が違いますが、どうぞ覚えておいてください。

この歌は言葉がそのままメロディにのり、とてもいい曲ができました。



「ま」まつよい

一年に一度だけ君の名前を呼ぶ 

君は夜の名前

明日の満月を楽しみに待つ 夜の名前

中秋の名月を控えた前日の陰暦8月14日 

それが君の名前


本当のことを言うと

僕は満月よりも君の名前を言えることを心待ちにしている

君は満月を待ち、僕は君を待つ

この関係が好きだ


残りの人生はあとどのくらいある?

あと何回君の名前を呼べる?


君の名は「待宵」


    
     この歌を聴いてみる



いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「ほ」
今日は「ほ」。


「ほ」本当はね・・

「本当はね・・・」という部分はいつも心の中にあるのです。

私達はいつからか言葉を隠さなければいけなくなったようです。

言いたいことはいつも心の中。

いつも言葉を詰まらせて私達大人は飛べなくなりました。

飛べないけど、歩いていけばいいやですって。

本当はそうじゃないのに。

でもいつでも飛べるように準備をしておいて下さい。

秘訣はその時に大騒ぎしないこと。

子供達が見ていますから・・・。




心の扉を開けて、「本当はね・・」を言うのだ!!



いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

言葉の船
人と人との付き合いを、私たちは言葉を通してやるわけですが、いろいろあります。
素直に言えない時、うまく言えない時、なにげなく言った言葉で傷つけてしまう時。
いろいろあります。
みんな綺麗な美しい言葉だけで生きれたらどんなに楽かと・・。
でもやっぱり悪い言葉もいる。
良いも悪いも両方あってこそなのだと。
だから、しゃべられへん時はしゃべられへんでいいんです。
なんて、思います~



「言葉の船」

言葉の船はさまよう

あなたに向けた出たはずなのに

もう何時間も

入り江からも出られずに

閉口してしまっている


傷つかないために

もう行くのをよそうか

いつもの港で停泊してようか

そこに浮いていれば

波はたたず

そのうち忘れてしまうだろうよ


ただ問題は

もうこの景色に飽きてしまっているんだ

船上暮らしは疲れるよ

でもやっぱり

陸へはあがれない身の上なのさ





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「へ」
今日は「へ」。
へいへいぼんぼんな中にいますと
つい今の自分の置かれているところを標準に考えてしまいます。
でも今の自分のおかれている場所は本当は特別なんだという標準を
もっておきたいと思っています。


「へ」平和

そこの角を曲がった子供に聞いてごらん

「平和ってなあに?」

その子は「おいしいの?」と答える

「食べ物じゃないよ」と言ったら

別の子が「おもちゃ?」と答えた。

その子は「おもちゃ!?」と目を丸くした。





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「ふ」
今日は「ふ」。
この世の中は・・・・


「ふ」ふしぎ

不思議の意味は私の思いの領域を越えているということ。

私の思いにあらず。

そこは神の領域。

神という言葉を使うと少し距離を感じる方は、別の言葉に置換えましょう。

大切なものは目にみえないという常識の範囲の出来事。

出来事とは出来る事と書きます。

出来るとは意志が働くと思われます。

意志とは誰かの思いなのです。

つまり不思議とは私ではなく、誰かの思いにより起る事実ということです。

だから不思議な出来事をありのままに受け入れましょう。

そうすればどんどん不思議は私の周りで風を揺らすでしょう。

それがちょっとした生き方のコツなのです。




いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

トリュフチョコレート
ジャズライブ情報
下記の日程でライブします。皆様ぜひとも起こしくださいませ!!
2月4日(月)神戸三宮ホリーズ 8時~   詳しくはこちらを
2月5日(火)京都祇園キャンディ 8時~  詳しくはこちらを



ある方からトリュフチョコレートを頂いたのですが、
それは私が今まで食べたチョコレートの中で一番美味しいものでした。
お取り寄せでしか食べれないものだそうです。
この美味しいチョコレートがバレンタインの夜に世界中の空に降たらいいのになぁ~
そしたらむっちゃ幸せやと思えるような味でした。

そんなわけで、ひとつぶどうぞ・・・



「トリュフチョコレート」


金色の箱にはいって届けられる 

そのチョコレートの製造方法を知りたければ

一粒口の中へ入れてごらん

幸せのチョコレートの甘さに心を忘れたら

ほら、瞼に映る不思議な光景


   秘密の森の中

   カカオの木の下で

   バレンタインデーのために

   金色の豚がトリュフチョコレートを

   掘り起こしている

   いそぐでもなく

   とても優雅に

   ブヒブヒブヒ

   金色の豚にしか探せない

   不思議な不思議なチョコレート

   ブヒブヒブヒ


そのトリュフチョコレートは

本当においしいくて

心を忘れるぐらい忘れられない味になる


でも食べるときはご注意を

チョコレートの甘さに心を忘れてしまうのか・・・

恋の甘さに心を忘れてしまうのか・・・



 購入はハガキのみで受け付けます

 ブヒブヒブヒ





いつもお読み頂きありがとうございます!
1日1回、ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 

あいうえお辞典 「ひ」
今日は「ひ」。
昔、どのお母さんも同じことを言っていた。とても不思議だった・・・



「ひ」ひみつのゴム

お母さんは子供の背中に秘密のゴムをくっつける

秘密のゴムはお母さんの手のなかからのびている

どのお母さんも子供の背中にくっつける秘密のゴムをもっている

お母さんは「いってらっしゃい」と子供を学校に送り出す

秘密のゴムはスーッと伸びる

お母さんはそのゴムをクイクイとひっぱってみる

「この弾力は今、学校までの道を歩いているな、よしよし」

一日のうち何度も何度もお母さんはひっぱってみる
 
クイクイ、クイクイ

「放課後、運動場であそんでいるな」

毎日、毎日お母さんはクイクイ、クイクイ引っ張って確かめている



でもある時子供は遠くへ行きすぎて、秘密のゴムは切れてしまった

パチィーン!

その音に子供は吃驚して、秘密のゴムがあったことに気がついた

涙が止まらなかった

その音は寂しい音だった 

大人になってしまった

少し遅れてお母さんも気がついた

涙が一滴こぼれた

クイクイ、クイクイはもう無かった


秘密のゴムの優しい弾力はお母さんのすべてだった



   追記:でも悲しいかな、これは昔のお話になってしまったようです 




いつもお読み頂きありがとうございます!
ポチポチッと応援ヨロシクお願い致します!

人気ブログランキング  
   ↓ ↓

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。